男女間のトラブル

「彼氏は既婚者だった!」精神的ダメージを理由に慰謝料80万円の支払いでスピード解決した事例

依頼者(女性)は、現在付き合っている男性が既婚者ではないかという疑いを抱きました。 男性とは出会い系サイトで知り合ったという経緯もあり、とても不安だったため独自で調査をしたところ「既婚者」であるという証拠が集まったため、制裁を加えたいと考えて、弊事務所「鈴木&パートナーズ法律事務所」に相談に来ました。

「子供に会いたい!」“粘り強い交渉” が評価され、隔週1泊2日の面会交流が実現した事例

突然、妻が三行半をつけて子供と共に家を出てしまいました。加えて、妻は弁護士を雇い離婚を請求する流れとなってしましました。しかし、依頼者としては、妻と離婚しても、我が子に会いたい思いが強く「子供に会いたい!」と妻に何度かお願いをしましたが断られてしまったため、弊事務所「鈴木&パートナーズ法律事務所」に相談することとなりました。

【大幅減額に成功】住宅ローン支払い中の自宅に居座る妻からの婚姻費用請求

別居を開始した夫からの相談でした。
依頼者は自宅の住宅ローンを支払い続けていましたが、結婚するまではとても清楚だった妻が、結婚後にどんどんヒステリックになり、妻との共同生活に耐えられなくなり、別居という選択をしました。
その結果、妻が弁護士を雇い依頼者に対して高額の婚姻費用を請求してきました。依頼者は住宅ローンを支払い続けているにもかかわらず、妻からの主張に納得がいかなかったため鈴木&パートナーズ法律事務所に相談に行きました。

PAGE TOP